2010年11月05日(金)

栗岡学園NEWS

阪奈中央リハビリテーション専門学校|楽しく学んでいます!2010特徴ある作業療法学科の授業紹介
作業療法学科・陶芸
  • 陶芸幼い頃の土いじりの感触、炎の芸術といわれる大人の遊び。両面を併せ持つ活動です。

作業療法学科・園芸
  • 園芸太陽・土・水。自然の力によるものが大きいですが、大きく育て!と愛情をもって接することが大切です。

作業療法学科・木工
  • 木工本立てを制作しています。木独特の肌ざわり、ぬくもりを感じながら心を込めて、丁寧に作っていきます。

作業療法学科・作業分析学(カレー作り)
  • 作業分析学(カレー作り)身近な日常生活活動を実際に行い、その活動がもつ身体的・心理的効果について分析します。

作業療法学科・文学(落語)
  • 文学(落語)コミュニケーションに関する基本的知識・技術を習得します。今年度は日本の伝統的話芸(落語)鑑賞を通して学びました。最後に創作落語発表会を楽しく行いました。

作業療法学科・作業療法評価技法(バイタル)
  • 作業療法評価技法(バイタルサイン)対象者の健康状態を知るための大切な医療技術の一つです。正確さ・集中力・責任感などが求められます。その分、技法の試験が合格した時の喜びは大きいようです。

 

NEW