2011年12月21日(水)

栗岡学園NEWS

2011年度音楽会|智内威雄さんピアノコンサート


12月9日(金)左手のピアニスト智内威雄さんをお招きして、音楽会を開催しました。「アヴェ・マリア」などクラッシク曲をはじめ、震災をテーマにした「海辺の雪」など全7曲とアンコール1曲を届けていただき、楽しい時間を過ごしました。

もらった勇気と元気を学業・実習へのパワーに。そして、いよいよ迫る看護師国家試験、准看護師試験合格に。厳寒の冬を乗り越えて、春に花を咲かせましょう。





ピアノコンサートに感謝を込めて
(四条畷看護専門学校 進学課程1年生 福池あや)
2011年度音楽会|智内威雄さんピアノコンサート

私は、ピアノを習ったことがあります。自分の利き手でない方の手は本当に苦手で、なかなか上達しませんでした。

演奏を聞いて、まるで両手で弾いているように思いました。きっと技術やアレンジ、そして練習やリハビリが私の想像以上にあるんだと感じました。

「人にはそれぞれ弱点がある。それは、その人の個性です。」この言葉が印象に残っています。

私は、自分の嫌いなところや弱点がたくさんあって悩むことがあります。でも、この言葉を聞いて、もしかしたら個性なのかもしれないと考えることができました。

そして、言葉には心の方向を変える力があるということを改めて感じました。

私は、今はまだ知識や経験の少ない看護学生です。でも、病める人にどのような言葉をかけることができるのか、今から考えて実行しようと思いました。



ピアノコンサートに感謝を込めて(PICK UP)
  • (四条畷看護 進学課程2年生)
    これから国家試験に向けてしっかり勉強して、立派な看護師になれるように私も頑張っていきたいと思います。
  • (阪奈中央看護 看護学科2年生)
    日本にはないけれど、世界には左手のピアニストのための楽譜があることに驚き感動しました。
  • (阪奈中央看護 看護学科1年生)
    これから実習で緊張と不安の毎日だったのですが、コンサートの間は忘れていました。心が安らいだ時間でした。
  • (阪奈中央看護 准看護科2年生)
    来年進学をすることになり不安がいっぱいでしたが、「頑張ろう!!」と思いました。ありがとうございました。

 

NEW