四条畷看護専門学校|基礎実習を終えて|私の心に残る実習

1年生(第19期生)の上川路です。わずか12日間でしたが、私にとって心に残る実習となりました。

朝、患者様に挨拶をしに行くと布団から手をだして「おはよう。」と笑顔で声をかけてくださいました。一日の計画予定、特に足浴の実施を患者様に報告すると、「昼からやね!」と喜んでくださった笑顔が忘れられません。

足浴では、入浴剤を使用したりマッサージを行ったり、足浴時間の延長等、日々改良を重ねた実施だったので、患者様も楽しみにしてくださっていました。そして、足浴を実施しながら本来の目的である糖尿病による合併症の説明を行い、患者様と一緒に足の観察をして理解してもらうように取り組みました。

実習が進むにつれ、しんどくてつらいと思っていた気持ちがいつしか患者様のために・・・と必死になり最終日には、患者様に会えるのが最後だと思うと寂しい気持ちでいっぱいになりました。

周りの支えがあってこその実習内容でしたが、終わってみると充実した楽しい実習だったと実感しています。

四条畷看護専門学校|基礎実習を終えて|私の心に残る実習

 
Pick Up!
新時代のスポーツクラブ ゼロフィット
最新記事

四条畷看護 [看護学科]

  • 20170904w-hこんにちは。私は高校で准看護師の免許を取り、看護師になりたいと思いこの学校に入学しました。入学時は歳…

    新入生 from 奈良を読む »

栗岡学園NEWS

人気の記事 BEST5
年別記事
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • ブログの購読